士業事務所の特徴を、士業本人の特徴と業務の特徴を掛け合わせて考える方法

自分のこととはいえ、士業事務所の特徴が何であるのかは、ウェブサイト(ホームページ)のキャッチコピーに限らず、悩まれる方も多いと思います。 貴事務所ならではの特徴を考えるときは、士業(代表者)本人の属性や性格、経歴などの特…

続きを読む

士業のホームページも、活用の基本的な考え方はシンプル

なんでオレここに居るんだっけ?

士業のウェブサイト(ホームページ)では、ウェブサイトの制作や活用における基本的な考え方を意識して、目的達成に効果的と判断する個別の施策を行っていく必要があります。 士業の方は資格試験の勉強を経験していることも関係があるの…

続きを読む

士業のホームページ制作前に検討したい、業務規模、緊急性、地域性の3要素

士業がウェブサイト(ホームページ)を制作し、ウェブ営業ツールとして活用するのであれば、ウェブサイトの内容とする業務の規模、緊急性、地域性を制作段階から意識しておくほうが効果的です。 この3つの要素が被りすぎてしまうと、事…

続きを読む

士業のホームページを「お任せください!」型の導入で制作するなら

前回、士業のホームページで意識したいコンテンツ配置パターンとして、訪問者側の悩みや希望からできるだけ始めることを基本型とし、「お任せください!」といった士業側からの主張は極力後回しにする、という内容でコンテンツの配置順を…

続きを読む

士業のホームページで意識したいコンテンツ配置パターン

士業のウェブサイト(ホームページ)制作においては、全体の「流れ」を意識することがとても大事です。ウェブサイト内部のコンテンツの配置が効果的な流れになっているか、スムーズな流れになっているかによって、最終的な反応率が大きく…

続きを読む

士業のホームページ制作における訪問者のゴール設定と有効性の確認

ウェブサイト(ホームページ)は、訪問者に対して最終的に起こしてもらいたいアクション(つまりウェブサイトのゴール)を明確に設定しておかなければ、当たり前ですが反応率が芳しくないものになってしまいます。 ゴールは1つに絞った…

続きを読む

士業のホームページはターゲットが確定するまで制作に着手しない

士業のウェブサイト(ホームページ)も他の業種と同様に、まずはターゲットと対象エリアを明確にし、最終的なゴールも確定させてから制作に取りかかります。これらが不確定な状態では、ウェブサイト内のコンテンツになにを用意すればいい…

続きを読む

ページトップへ戻る