メール問合わせページでも電話番号から案内したっていいじゃない?

やっぱり電話かな

主目的として設置するにしろ、副次的に設置するにしろ、士業さんのウェブサイト(ホームページ)にはお問い合わせフォームが大抵つきものだと思います。

ですが、このお問い合わせフォームが副次的な目的であるとき、逆に言えば主目的を電話問い合わせとするときは、お問い合わせフォームのページにまず連絡先電話番号を記載してしまうのも、十分アリ!なことが多いです。

メールフォームのページだから電話はダメということはない

このあたり、固定観念にとらわれがちな部分かもしれませんが、「メールでの問い合わせはこちら」などのボタンをクリックした先には、メールフォームだけが待っている必要はありません。

これは士業さんの資格の種類や取扱業務によっても変わってくる部分ですが、メールでなければどうしても問い合わせにくい業務を除けば、メールフォームの前に電話番号バナーを配置してしまうほうが、反応率の向上が見込める場合も多いです。

というのは、メールフォームは入力欄に文字を打ち込んでいるうちに、気変わりして離脱してしまう可能性が高いため、電話ですぐ話してしまったほうが直接のご相談に繋がる可能性が高いからです。

また相談内容も、メール相談では具体的な状況がよくわからず、電話で直に話を聞いてしまったほうが的確かつ迅速なアドバイスができる(結果、相談者さんにもメリットがある)ことが多いでしょう。

お問い合わせページでの電話・メールの配置順

ただし、だからといって単に電話番号を書けばいいというものでもありません。ここでも、訪問された方に対する不安解消のフォローや相談しやすい環境を整えるための気づかいが求められます。

具体的には、「メールでのお問い合わせはこちら」の先にあるページには、案内文と矛盾するのですが、まず冒頭で「お電話でのお問い合わせ」という見出しを作ってしまい、そこに電話問い合わせバナーを配置します。

そして、「お急ぎでの対応をご希望の方や、より具体的な相談をご希望の方は、お電話が確実・便利です」などと、電話をしてもらうことのメリットを併記しておきます。

次に、「メールでのお問い合わせ」という見出しを作り、その下にお問い合わせフォームを設置します。

メールのほうには、「メールでのお問い合わせは、24時間承っております。営業時間外など、お電話での連絡が難しいときは、どうぞ遠慮なくメールでご連絡ください」といった文章を併記しておきます。

これによって、メールで問い合わせようかと思っていた訪問者の方の何割かは、より面倒の少ない電話という手段を活用してもらいやすい環境が築けます。

※もっとも、「電話がもの凄く苦手!」という士業さんがいらっしゃるなら、その方にとっては、逆に受任に繋がりにくい要因を作り出すことになってしまいますが。

まとめ

以上をまとめます。

  1. 業務内容的に、メールでの問い合わせでなければ受任が困難かどうかを検討する
  2. 電話でも相談してもらいやすいようなら、お問い合わせフォームのページで先に電話番号バナーを配置する
  3. 電話番号バナー、お問い合わせフォームとも、それのみではなく併記でフォロー文を配置する

この3点を検討・実装することによって、メールフォームのページであるにもかかわらず、そこからお電話での受任に繋がる可能性を作り出すことができます。貴事務所のウェブサイトにも導入できそうであれば、是非、一度は試してみてください。

The following two tabs change content below.
営業用ウェブサイトの制作や集客・活用のコンサルティングに10年超携わっています。 クライアントさんは主に行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、士業サイトの制作実績は現在約500サイト。

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

士業事務所様のホームページ制作に関するご依頼やご相談は、以下のメールフォームにて承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

事務所名(必須) ※開業前の場合は「開業準備中」とご記入ください。

事務所のある(事務所を置く)都道府県

ご希望の相談場所(直接の相談をご希望の場合のみ)

お問い合わせの内容

ページトップへ戻る