士業ホームページのスマホ対応は訪問者の特性に合わせて検討する

貴事務所のウェブサイト、アクセス解析上でスマートフォンを利用した訪問者の割合は、どれくらいでしょうか。もし半数近く、あるいはすでに半数を超えてスマートフォンからの訪問者が多いにもかかわらず、ウェブサイトがスマートフォンに対応していないなら。場合によっては結構な反応を取り逃しているかもしれません。

スマートフォン対応は訪問者の特性に合わせて2つの型から検討する

士業ウェブサイトのスマートフォン(スマホ)対応といっても、そのウェブサイトの対象者がどのような特性を持っているかによって、対策が異なってきます。一般的には、以下で触れる2つの型、いずれかでの対応を検討することになります。

訪問者の特性をあまり考えずにウェブサイトのスマートフォン化を実現しても、かけたコストや手間のわりには、反応率がそれほど伸びない結果につながってしまう事態も考えられます。

1.現場や移動中に素早く情報確認したい層向けの「簡潔型」

貴事務所の業務特化型ウェブサイトの訪問者が、現場に出ていることが多かったり、移動していることが多いなど、「多忙な人」という特性を持つことが多いなら。その訪問者がウェブサイトを訪れる際の行動は、移動時間や待ち時間など、ちょっと空いた短い時間に情報収集や競合ウェブサイトの比較対照を行って、及第点のウェブサイトに対して問い合わせに至るという流れになります。

この場合、スマートフォン用のウェブサイトはパソコン版とは別の作りで、より簡易的に要約した内容で設置・公開する(JavaScript等で振り分ける)「簡潔型」「ダイジェスト型」のほうが、反応率の向上につながることが多いです。

  • 短時間に
  • 業務の要点や流れが把握しやすく
  • 料金概要もつかめる

情報量よりも上記3点をしっかり備えることが、多忙な中で必要最低限の情報を確認したい訪問者にはメリットが大きいからです。

逆に言えば、すべての情報を親切丁寧に文章で説明しているウェブサイトや、詳細が各ページごとに分かれていてトップページだけ見ても概要がつかめないウェブサイトなどは、目を通している時間が割けず検討対象から除外されている可能性も考えられます。

リスティング広告との組み合わせ

この「簡潔型」「ダイジェスト型」の効果が高い訪問者層は、業務依頼までの決断時間が短く、場合によっては訪問直後に即決というケースも考えられます。

そのため、即効性の強い集客手段であるリスティング広告(検索結果に表示されるテキスト形式の広告)と組み合わせての運用は、検討してみる価値が大いにあります。

前提知識が豊富な訪問者が多い業務は例外

ただし、例外的に「多忙であってもウェブサイト上の情報量を重視する訪問者」が多数を占める業務もあります。これはたとえば、訪問者の側に業務の前提となる知識が豊富にあるようなケースです。

この場合、訪問者はウェブサイトの運営者が自分以上に知識を持つ「専門家」なのか、用意されたコンテンツを十分確認し、また競合するウェブサイト同士の比較対照もシビアに行う傾向にあります。そのため通常、簡潔型ではなく(次に説明する)情報提供型でスマホ対応を図るほうが、対策としては適しています。

2.悩む時間のある層、知識の多い層向けの「情報提供型」

貴事務所のウェブサイト訪問者が、なかなか直接相談することを躊躇う悩みや不安を抱えていたり、入念な情報収集をしてからアクションを起こす層であるときは、パソコンとほぼ同等の情報をそのままスマートフォン向けに自動対応してくれる「情報提供型」で対応するほうが、反応率の向上が見込めます。

また前述のように、訪問者の側に業務に関する一定以上の知識があるときも、この「情報提供型」が効果的なことが多いです。

少し技術的な話題に入ってしまいますが、情報提供型のスマートフォン対応は、

  • パソコンと同一の情報をスマホだけ別のテンプレートで表示させる方法
  • レスポンシブデザインを利用して複数端末に対応させる方法

以上いずれかを採用して実現することが多いです。

ボタンひとつで電話がかけられることを活かす

どちらの型でスマホ対応するにしても、そのもっとも大きなメリットは、ウェブサイトがお問い合わせボタンを押しさえすれば電話で連絡をしてもらえるアクセスの容易さを備えることです。

そこで、できるだけ最初の画面内に入る位置に、電話ボタンを配置するよう心がけます。またスマートフォンでのページ閲覧は、どうしても縦方向へ、下へ下へと読み進めるかたちになります。そのため、長い縦移動が終わった直後、つまり文末にも電話ボタンを配置して、事務所への電話問い合わせを容易にするような構造にします。

アクションが容易だからこそ、そのためのフォローが大切

そして、ボタン一つで容易に電話がかけられるからこそ、パソコン版より注意しなければならないのが、電話問い合わせに向けてのフォローコンテンツです。電話ボタン自体、あるいはその上下などわかりやすい位置に、訪問者の不安解消、安心提供に役立つコンテンツを配置することによって、ボタンを押すことに対する抵抗をできるだけ下げてあげることが肝心です。

The following two tabs change content below.
営業用ウェブサイトの制作や集客・活用のコンサルティングに10年超携わっています。 クライアントさんは主に行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、士業サイトの制作実績は現在約500サイト。

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

士業事務所様のホームページ制作に関するご依頼やご相談は、以下のメールフォームにて承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

事務所名(必須) ※開業前の場合は「開業準備中」とご記入ください。

事務所のある(事務所を置く)都道府県

ご希望の相談場所(直接の相談をご希望の場合のみ)

お問い合わせの内容

ページトップへ戻る