士業ホームページの反応率改善は要素ごとに及第点ライン超えを目指す

なぜ、士業事務所のウェブサイトは相談や業務依頼などの反応を得るものと、そうでないものに分かれてしまうのか。 端的に言ってしまえば、それはウェブサイトの要素に「訪問者の反応を引き出すための及第点」に至っているものが一定数揃…

続きを読む

業務案内ページに「相談のとき用意してもらう物」を記載するメリット

ちょっとした積み重ねがウェブサイトからの反応率を上げていくことについては、既に複数の記事内で触れてきました。今回はそんな積み重ね要素の中で、地味だけども意外と効果の生じやすい「相談の際にご用意いただく物」について、あらた…

続きを読む

パソコンとスマートフォンの閲覧比率の確認方法

スマートフォンとパソコン

ちょうどこんな記事が公開されていたので、今日はGoogle Analyticsでパソコンとモバイル(スマートフォン)の閲覧比率を確認する方法について触れたいと思います。 Googleが検索アルゴリズムを変更、サイトのモバ…

続きを読む

士業のホームページでは記事の文字数を何文字以上にするべきか

「記事を追加するとき、何文字以上という目安はありますか?」 士業さんがこれからウェブサイトをしっかり活用していこうとお考えになる際、頂戴する機会の多いご質問です。このご質問は、「何文字以上なら検索結果の上位表示要素として…

続きを読む

士業がリスティング広告を活用する際の予算目安の考え方と注意点

別の記事でちょっとだけ広告費のことに触れたことで、「士業 広告費 目安」などの検索ワードで訪問される方が増えてきたので、今回はリスティング広告(検索連動型広告)等の広告費の考え方と注意点について触れたいと思います。 先に…

続きを読む

士業ホームページの改善前にアクセス解析で入口ページを確認する

士業事務所さんが既に公開中のウェブサイトを改善するとき、まず確認していただきたいのが、そのウェブサイトの「入口ページはどこなのか」ということです。 ウェブサイトの訪問者が、最初に訪れるページがトップページではない(ことが…

続きを読む

士業ホームページの改善は、アクセス数増加の前に反応率向上を図る

士業事務所のウェブサイト活用については、現在いくつかの事務所さんからご依頼を頂き、継続的に改善提案を行っています。 その中で、既に運用中のウェブサイトを活性化するという状況においていくつか気になったところがあるので、その…

続きを読む

ページトップへ戻る