情報提供が訪問者を逆に惑わせる?士業の即決型ホームページを再検討

ここに決めた!

士業の営業用ウェブサイト(ホームページ)の中でも、訪問者が既に「依頼したい!」「早く業務に着手してもらいたい!」と考えてアクセスしてくる可能性が高いウェブサイトにおいては、親切な情報提供が、訪問者を逆に惑わせることもあり…

続きを読む

勝敗は訪問前に決していた!?士業ホームページとサーバーの処理能力

表示遅いなー

自事務所だけが開拓した独自の業務でないかぎり、士業が業務用のウェブサイト(ホームページ)を制作・公開すれば、既にそこには多くの競合事務所がひしめいている状態です。 そこで「何らかの差別化を図って、競合ではなく自分のウェブ…

続きを読む

入口は別にある!士業のホームページはトップ以外からの訪問者が多数

こんなところに入口が!?

「もう知ってるよ」と思われる士業の方も多いとは思いますが、それでも敢えてこの話題には触れておきたい。ということで、今回はウェブサイト(ホームページ)の本当の入口と、それに基づく反応率向上についての記事です。 ウェブサイト…

続きを読む

士業の事務所にホームページ担当スタッフを置くメリットとデメリット

ホームページまでは・・・

複数の資格者で運営する士業事務所や、事務員(スタッフ)を複数人雇用する士業事務所においては、誰か1人をウェブサイト(ホームページ)の担当者として、その人に更新や運用を任せるというケースも多いかと思います。 ウェブサイトの…

続きを読む

公開前に要検討!士業のホームページ訪問者の依頼可能性に基づく4区分

士業のウェブサイト(ホームページ)を営業ツールとして早期に軌道に乗せるなら、ウェブサイトを制作する段階から、「依頼可能性に基づく4つの区分」を意識して、コンテンツの内容や構成を検討することをオススメします。 理由は、制作…

続きを読む

士業ホームページの反応率改善はアクセス解析と修正ログの比較から

士業のウェブサイト(ホームページ)を活用する際、Google Analyticsなどアクセス解析を導入し、その訪問者数や直帰率などを確認している事務所は多いと思います。 しかし、アクセス解析だけ頻繁に確認しても、いつ、ど…

続きを読む

士業がホームページを活用するために、持っておきたい2つの意識

これからご説明する内容は、かなり当たり前のことだとお感じになる方もいらっしゃると思います。もしかすると、「それだけのこと?」と拍子抜けするかもしれません。 しかし、当たり前のことを意識して、それをウェブサイト上に徹底的に…

続きを読む

ページトップへ戻る