「だから」を使ってキャッチコピーに訪問者のメリットを加える

「だから」の先?

ウェブサイトに訪問した際、最初に画面内に表示されるファーストビューで配置されるメインの画像には、ひと目で気になる、興味をひかれるキャッチコピーや紹介文を配置することが多いですね。

訪問者の心境に沿ったコピーを提示できているか

ところで、この最初に飛び込んでくるエリア内のコピーや紹介文は、訪問者側の心境やメリットが表れているかどうかで、その後の反応率が大きく変わってきます。

そこで、もしウェブサイト運営者側の主張や売りだけで構成されるコピーを配置しているときは、訪問者側のメリットを加えたり、コピー自体 を変換できないか、一度考えてみましょう。

合致感の向上が訪問者のアクションにつながる

事業の合間などに、短時間で考えやすいのはPR型コピーだからという理由もあって、ウェブサイトを作るときは、キャッチコピーが運営者側のPR的なコピーになってしまいがちです。
(この点は、士業のホームページで意識したいコンテンツ配置パターンでも既に触れました)

しか し、このPR型コピーでは、訪問者に届きにくいものに仕上がっていることが多いです。

キャッチコピーは掴みとしての効果が期待できなければならない

まず前提として、現在は公開されているウェブサイトの数も膨大であり、同じようなサービスを提供している他事務所のウェブサイトと、ウェブ上で競合した状態に なっています。

その中から貴事務所のウェブサイトに立ち寄ってもらうため、つまり入り口の部分で立ち止まってもらうためには、競合しているウェブサイトよりも強い掴み(フック)がなければなりません。

そしてこの掴み(フック)は、訪問者が「私が探していたのはここだ」とか、「これは私のことが書いてあるのだ」など、心境との合致感を持ってもらうほど、強く作用します。

この合致感が希薄だと、訪問者はウェブサイトを他人事と感じてしまい、次のアクションを起こしてもらう前に離脱してしまうからです。

PR型コピーから訪問者側メリット提示型へ

とはいえ、最初に思いつくキャッチコピーというのは、往々にしてPR型ですから、これを訪問者の心境に沿ったものに変えていくといっても、どうしたらよいか戸惑われるかもしれません。

でもこの変換、実は1個の接続詞で引っ張り出せることが多いのです。

ですが、それを説明する前に。そもそもPR型コピーというのがどういうものなのか、念のため(士業のウェブサイトに限定せず)簡単な例を挙げてみることにします。

自社のPR型コピー例

  • 「○○の性能を備えた新製品!」
  • 「年間○○件の実績!」
  • 「土日・夜間対応(営業)!」
  • 「○○の手続きを迅速に代行!」
  • 「○○のことならお任せください!」

つまりサービスを提供する側が、「こんな商品を売っていますよ」とか「こんなところが特徴ですよ」、「こんな差別化を図ってますよ」と伝えるタイプのコピーのことです。

士業事務所のウェブサイトでは、一番最後の「お任せください!」がもっともよく使われるコピーかもしれません。

何も言わないより、サービス提供者の側から特徴や差別化をPRするのは良いことなのですが、これらのPR型コピーは、決め手の要素としてやサイドのバナーなどで主張するならともかく、掴みのヘッダー画像キャッチコピー等ではあまり必要性が高くない(前述のように、訪問者に合致感を抱かせにくい)ことが多いです。

訪問者側のメリットは「だから」の先にある

では、上記のようなPR型のコピーを、訪問者側のメリットを感じてもらうコピーに変換、加味するには、どうしたらよいでしょう。

実は結構簡単で、PR型コピーの最後に「だから」という接続詞を加えて、その先に出てくる文章を検討してみるだけです。

つまり、こんな具合。

  • 「○○の性能を備えた新製品!」だから「○○で困ることがありません!」
  • 「年間○○件の実績!」だから「○○(というメリットが訪問者に生じます)」
  • 「土日・夜間対応!」だから「○○でお忙しい方にもご活用いただけます」
  • 「○○の手続きを迅速に代行!」だから「あなたは○○せずに楽々!」
  • 「○○のことならお任せください!」だから「あなたはもう○○で悩まなくていいんです!」

前半だけ(PRの部分だけ)で終わってしまうキャッチコピーは、訪問者から意識的にしろ無意識的にしろ、「だから何?」と思われかねないものです。

そこで、 上記のようにPRに続けてメリットを提示するか、「だから」の後に出てくるメリットのみ提示するほうが、訪問者の側に「自分のことを言っているのだな」「自分の探していたウェブサイトはここかもしれないな」という合致感が高まります。

多数の中から選ばれるための「何か」

以上をまとめると、まずウェブサイトというのは

  • 同じようなサービスを提供している他者のウェブサイトと、ウェブ上で多数競合した状態になっている

そのため、

  • 訪問者が「私が探していたのはここだ」、「これは私のことが書いてあるのだ」と、心境との合致感を持ってもらう

ことがフックとしてとても重要になってきます。

もし訪問者のアクセス数のわりに、どうも反応率がよくないなというとき。まず入り口の部分で目立つコピーを、「だから」の先にある訪問者の希望や思いを引き出すものに変更する。もしかしたらそれだけで、結構違った反応が引き出せるかもしれません。

※本記事は、以前に別のウェブサイトで公開したものを転載・加筆したものです。

The following two tabs change content below.
営業用ウェブサイトの制作や集客・活用のコンサルティングに10年超携わっています。 クライアントさんは主に行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、士業サイトの制作実績は現在約500サイト。

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

士業事務所様のホームページ制作に関するご依頼やご相談は、以下のメールフォームにて承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

事務所名(必須) ※開業前の場合は「開業準備中」とご記入ください。

事務所のある(事務所を置く)都道府県

ご希望の相談場所(直接の相談をご希望の場合のみ)

お問い合わせの内容

ページトップへ戻る