依頼に至らない士業ホームページのアクセス数と反応率の改善

「依頼が入らない」「問い合わせが無い」 士業事務所の営業用ウェブサイト(ホームページ)で反応が得られないとき、その原因は様々です。改善するためには、そのウェブサイトの訪問者の行動を段階ごとに分けて、各段階ごとに問題点を洗…

続きを読む

「事務所案内には事務所情報のみ載せる」から脱却してウェブの受任率を上げる

コーポレートサイトでも業務特化型ウェブサイトでも、士業事務所のウェブサイト(ホームページ)の「事務所案内」は、ウェブ営業上かなり重要な役割を果たします。地味な存在ではありますが、ページ内で訪問者をしっかり接客できるかによ…

続きを読む

活用しなくてもいい!Google Analyticsは導入だけしておこう

士業事務所でウェブサイトを活用していくときは、どのくらいの人数の訪問者がどのページを閲覧したのか、客観的なデータが何も分からなければ改善の方向性が掴みにくくなってしまいます。 「今はそこまでするつもりないから」という士業…

続きを読む

依頼につながらない「手引き型」ウェブサイトの問題点と改善方法

事務所総合ウェブサイトでも業務特化型ウェブサイトでも、アクセスしてもらうためにはコンテンツの拡充が大事。ということで、ウェブサイト公開後は何らかのページを追加していくことになります。 この際、多くの士業さんは業務の合間で…

続きを読む

競合事務所のウェブサイトがどのように運営されてきたか変遷を辿る

競合する士業事務所のウェブサイトが公開当初からどのような変遷を辿ってきたのか、もし確認できればそこから何らかのヒントが得られますよね。 実在の士業事務所の変遷というのは、その事務所で勤めていないとなかなか把握できないもの…

続きを読む

士業がウェブサイトを作る前に必要な「意気込み」の目安を知る方法

ウェブサイトを公開する前の段階や公開直後の時期は、士業さんにも「よし、これから記事をどんどん追加して、ウェブサイトを育てて依頼につなげるぞ!」という意気込みや、やる気がみなぎっている時期です。でもその後、ウェブサイトを公…

続きを読む

ウェブサイト上に問い合わせの導線は確保されているか

訪問者にアクションを起こしてもらうための外見的な改善策その3は、問い合わせの導線について。 ウェブサイトの色味、士業さんのプロフィール写真と手を入れても、肝心のお問い合わせまでの導線が弱いと、当たり前ですが電話やメールな…

続きを読む

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

現在、新規のご相談につきましては一時的に受付を停止させていただいております。ご迷惑をおかけいたします。

ページトップへ戻る