士業ホームページの改善前にアクセス解析で入口ページを確認する

士業事務所さんが既に公開中のウェブサイトを改善するとき、まず確認していただきたいのが、そのウェブサイトの「入口ページはどこなのか」ということです。

ウェブサイトの訪問者が、最初に訪れるページがトップページではない(ことが多い)点は、既に入口は別にある!士業のホームページはトップ以外からの訪問者が多数で触れたとおりです。ウェブサイト改善においては、大きな入口となっているページがどこなのか把握してから手を入れるほうが、かなり効率的で無駄が少なくなります。

改善候補ページを挙げる前にアクセス解析を見る

ウェブサイト改善に関するご相談を頂く際、それがウェブサイト全体のリニューアルでない限り、多くの士業さんからは「まずはトップページだけ改善したい」か、あるいは「トップページの他に、業務案内ページだけは手を入れたい」とのご要望が出てきます。

確かにこれらのページは、ウェブサイトを営業ツールとして活用する上で、もっとも重要な部分にあたります。

しかし、これらのページを改善する前に、あるいは並行して、最低限アクセス解析の入口ページ(ランディングページ)はチェックしておくほうが効果的な改善につながります。

多くの訪問者が最初に訪れている大きな入口ページが既に存在するのであれば、そのページ自体を充実させ、またトップページや業務案内ページなどへ誘導をかけることが、反応率改善への近道となるからです。

ウェブサイトを作ったらアクセス解析を設置

「アクセス解析?そういえば、まだ設置してなかったな」。そう思われた士業さんは、今すぐGoogle Analyticsでいいので導入しておきましょう。本当はコンスタントに確認するべきですが、面倒なら極端な話、導入だけして放置するのでも構いません。じゃないと、いざ改善を図ろうとするとき、客観的なデータが何もないため、思い込みだけで作業を進めざるをえなくなってしまいますから。

行動フローでランディングページを確認

あまり細かなデータを確認していくと、逆に何を直せばよいのか分らなくなってしまうことも考えられます。そこで今回は、割り切って最低限のデータ確認で済ませましょう。

確認していただきたいのは、Google Analyticsの「行動」にある「行動フロー」です。
※あるいは、「行動」、「サイトコンテンツ」、「ランディングページ」でも構いません。

ここでランディングページ(着陸ページ、つまり最初に訪問者が訪れたページ)を確認して、アクセスの多いページは改善を図るようにしていきます。

比較的分りやすい例を画像で紹介しますが、この例では2つ目の258アクセスある「/」(スラッシュ)のトップページより、394アクセスある某ページのほうが、かなりの訪問者が最初に訪れていることが確認いただけると思います。

このように、トップページより訪問者の多いページが1つか2つ程度のときは、そのページをできるだけ改善ページの候補に組み入れてしまいましょう。

該当ページの改善方法は主に2通り

士業さんの業務特化型ページでは、トップページよりアクセスを集めているのが業務案内ページであることは、かなり稀です。この該当ページにはおそらく、知識提供型、情報発信型ページがきているのではないでしょうか。

これらの該当ページを改善するときは、主に次のいずれかのパターンが修正しやすくおすすめです。

  1. よりコンテンツを充実させ、流れをよくしながら主要ページとの連携を図る
  2. 知識や情報を提供しつつ、後半を業務案内に組み替える

コンテンツの充実と主要ページへの連携

まず、ページ内で取り扱っているコンテンツが、どうにも業務の案内とは結び付きにくいという場合です。このようなときは、全体的な内容や説明する順番等を見直して、図表などを配置しながら、訪問者が理解しやすいように改善を図ります。

このページから多くの訪問者が訪れているということは、いくらトップページの見栄えをよくしていたとしても、このページを一見したとき「分りやすそう」「自分が探している情報がありそう」と思ってもらえなければ、すぐその場で立ち去られてしまうからです。

そして合わせて、最後まで目を通してくれた訪問者がそこで直帰することを下げるために、文章末尾等から関連する知識提供型ページへのリンクを張ったり、トップページ・主要ページ(業務案内ページ)への誘導を図れないかも検討します。

ただし、あまり露骨にやりすぎると逆に引かれて直帰率が上がってしまいかねませんので、程度に気を付けてください。

知識提供型をとりつつ、後半を業務案内化する

次に、ページ内で取り扱っている内容が、実は業務につなげることが可能であり、かつ、このページへの訪問者がかなりの多数に上っているという場合です。そんなときは、いっそのこと知識提供型ページだった内容を、業務案内型ページに大きく振ってしてしまうのも手です。

とはいっても、知識提供型ページ全体を業務案内型ページに変えてしまうと、内容がほとんど変わってしまうことになり、そのページへのアクセスが途絶える要因ともなりかねません。

そこで、前半はそれまで同様に知識提供(情報発信)を行いながら(この際、より分りやすいようにコンテンツを改善)、途中から「このようなケースにおいても、当事務所では多くの実績がございます」といった流れを使って、業務案内の文章につなげてしまいます。

このような修正を図ることで、単に簡単な知識提供型ページだけを見て直帰していた訪問者の中から、ページで案内している業務について「自分のことかもしれない」と思い、電話やメールで反応してくれる人が現れるようになります。

発生しているアクセスを有効活用する

ひとつ前の記事で触れた「アクセス数より反応率」とも重複しますが、既に発生しているアクセスは、有効活用しなければ宝の持ち腐れです。

ウェブサイトを改善する場面においても、まだ発生していないアクセスばかりやみくもに追うのではなく、最初にアクセスされるページ(ランディングページ)を重視しながら、既に発生しているアクセスを活かす方向で検討してみてください。

The following two tabs change content below.
営業用ウェブサイトの制作や集客・活用のコンサルティングに10年超携わっています。 クライアントさんは主に行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、士業サイトの制作実績は現在約500サイト。

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

士業事務所様のホームページ制作に関するご依頼やご相談は、以下のメールフォームにて承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

事務所名(必須) ※開業前の場合は「開業準備中」とご記入ください。

事務所のある(事務所を置く)都道府県

ご希望の相談場所(直接の相談をご希望の場合のみ)

お問い合わせの内容

ページトップへ戻る