既存ページを増補・改訂してウェブサイトの活性化を図る

ある程度のページ数が既に存在するウェブサイトなら、新規にページを追加するのではなく、既存ページの定期的な増補・改訂でも活性化を図ることができます。

士業さんのウェブサイトは制度や法律について触れている記事が多いので、増補・改訂していくことはウェブサイト運営上、他業種と比較しても、重要な位置づけとなります。

既存ページをコンスタントに増補・改訂するメリット

貴事務所の既存ページ、定期的に読み直していますか?

書いた直後の記事は客観的に読むことが難しいですが、1ヶ月以上経過した記事ならかなり客観的に読むことができるため、不足しているところや流れがぎこちないところなどに、すぐ気付くことができます。

客観的に読めることで誤りや不足に気付きやすくなる

誤字や脱字といった小さな間違いもそうですが、やけに回りくどい説明をしていて分かりにくい部分があったり、「この後の文章の流れはこういう風だろう」と思って読み進めたら妙にぎこちない流れに行き当たって面食らうということも多いはずです。

そういった問題点があれば、その都度、言い回しを変えたり文章の流れを良くする改訂を行うことで、読み手(訪問者)がよりスムーズに読み進められるように配慮します。

また、制度や法律の改正が生じたことにより、内容が現状と合わないページについては、一部を差し替えるか、全体を新たに書き直すことになります。(ちょっと細かくなりますが、この際、制度が大きく変わって現行制度に全く合わなくなったページは、上書きして書き直すのではなく「このページの内容は何年何月何日までのものです」等の注意書きを朱書きするなどして本文も残し、新たに別ページを用意して新制度に触れるほうが無難です。)

そして、ページを追加して以後、半年以上が経過しているなら、その間に業務経験を積んだことによって、触れることができるようになった話題もあるはずです。既存ページにうまく盛り込めるようなら、もちろん守秘義務には注意しつつ抽象化・パターン化するなどして増補します。

情報提供に傾きすぎているページは相談風味を加える

上記の、本来の意味での増補・改訂的な作業と並行して、もしその既存ページがあまりに情報提供的すぎる内容、用語解説的すぎる内容であれば、全体の文章を「相談風味」に修正を図ることで、訪問者に「この事務所に相談している」風の雰囲気を持ってもらうように修正を図ります。

詳細は「依頼に繋らない「手引き型」士業ウェブサイトの問題点と改善方法」で既に触れましたが、単に用語や制度の解説を行う手引きとしてのページでは、ウェブサイトを設置した意味が乏しいからです。

既存ページの増補・改訂前のアクセス解析データの検討

さて、この既存ページの増補・改訂ですが、ページに手を入れる前にアクセス解析のデータを1項目、念のため確認しておきましょう。アクセス解析、設置されてますか?まだの士業さんは「活用しなくてもいい!Google Analyticsを導入だけしておこう」を参照のこと。

確認しておきたいのは、解析データのうち「ランディングページ」です。Google Analyticsの場合は左メニューの「行動 > サイトコンテンツ > ランディングページ」に表示されるデータです。

ランディングページというのは、そのウェブサイトへの訪問者が検索結果などから最初に訪れた「入口ページ」です。誰も訪問していないような既存ページに増補・改訂を図るよりも、入口としてアクセスを集めている既存ページがあるなら、そのページから増補・改訂を図るほうが反応率が変わりやすいので効果的です。

また、もしかなり多くのアクセスを集めているランディングページがあり、そのページ内容からある程度「このページを経由して相談や依頼の電話がかかってきているな」という感触を得られるのであれば、ページ内容の大幅な刷新は逆効果になる危険があるので、この場合のみよく考えて手を入れていく必要があります。

あるページが検索結果の上位に表示されていることで業務受注に繋がっていたのに、そのページを大幅刷新してしまったことで順位が急降下してしまっては、本末転倒ですから。

写真や図の配置だけでも反応率が変わることも多い

とはいえ、アクセスを集めている既存ページがあるなら、そこに手を入れないのはもったいないです。

もし上で触れたように、既に効果を発揮している既存ページがあって、文章面で手を入れることに躊躇する場合は、「文字ばかりで分かりにくい印象になっていないか」という視点から再確認です。写真や図表を挿入して全体的な印象を分かりやすくすることはできないか、ビジュアル面からの改善を図るだけでも効果が期待できます。

訪問した直後のページが文字だらけだと、有益な情報が記載されていても「なんだか難しそう」と直帰してしまう訪問者が増えてしまいますから。

以上、今回は既存ページの増補・改訂についてでした。小手先のテクニックに流されがちになってしまうため、あまりSEO、SEOと書きたくはありませんが、既存ページの増補・改訂は、思いの外、検索エンジン対策になることが多いです。コンスタントに増補・改訂を行っていくことは訪問者・検索エンジン両面から効果が期待できるので、作業的には地味ですがかなりオススメです。

The following two tabs change content below.
営業用ウェブサイトの制作や集客・活用のコンサルティングに10年超携わっています。 クライアントさんは主に行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、士業サイトの制作実績は現在約500サイト。

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

士業事務所様のホームページ制作に関するご依頼やご相談は、以下のメールフォームにて承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

事務所名(必須) ※開業前の場合は「開業準備中」とご記入ください。

事務所のある(事務所を置く)都道府県

ご希望の相談場所(直接の相談をご希望の場合のみ)

お問い合わせの内容

ページトップへ戻る