迷惑メールの標的にならないための4つの対策

迷惑メールがこんなに!
  • 「最近、特に海外からの迷惑メールが増えた」
  • 「業者からの営業メールが多数届くので重要なメールが埋もれてしまう」

いつの間にかメールボックスが迷惑メールであふれている状況は困ったものです。それによってクライアントのメールに気づかず、連絡を失念してしまっては事務所の信頼が揺らぐ怖さも。

しかし、実はその原因を士業さん自ら作ってしまっているケースも多く見受けられます。以下では、迷惑メールの標的にならないための4つの対策について紹介します。

1.ホームページに直接メールアドレスを記載しない

士業事務所のホームページ(ウェブサイト)では、事務所案内ページなどにメールアドレスをそのまま記載しているケースをよく目にします。

これ、実はメールアドレス収集ボットに迷惑メールの送信先として持ち帰られてしまい、しばらく経過してからジワジワと、その後は毎日のように迷惑メールが送信されてくる原因になりやすいです

一度収集されリスト化されてしまうと、その後にウェブサイトの記載を慌てて消しても時すでに遅し。迷惑メールを減らすことはできなくなってしまいます。

そのため、ウェブサイトに直接メールアドレスを(文字データとして)記載しないというのが、迷惑メール対策としては大前提になります。

どうしてもウェブサイトにメールアドレスを掲載したいときは、アドレスを画像化したものを貼り付ける等の工夫が必要です。

2.info@やadmin@のメールアドレスを使わない

また、事務所のコーポレートサイト用のドメインを兼用してメールアドレスを作ることも多いと思いますが、この際、事務所サイトのドメインがデータとして収集され、そのドメインにinfo@やadmin@を付けて自動的に(手当たり次第に)迷惑メールが送りつけられてくることがあります。

そのため、迷惑メールを極力送信されないようにするためには、先に触れた「ウェブサイトに直接メールアドレスを記載しない」という注意に加えて「info@やadmin@以外のメールアドレスを作る」ことも有効です。

同様に、@より前の文字数が少ないメールアドレスに対しては、ランダムな文字の組み合わせで手当たり次第に迷惑メールが送信されてくる可能性が高まります。短いほど入力は楽ですが、あまりに短いと迷惑メールのターゲットになりやすいことは、メールアドレスを作る際に念頭に置いておくほうがよいでしょう

3.安易にサービスの登録用アドレスとして使わない

特に海外で提供されているサービスに多いようですが、何らかのサービスを利用する際に登録したメールアドレスが流出してしまうのか(あるいは利用規約などが緩く第三者に提供されてしまうのか)、後日に迷惑メールが届き始めることもあります。

士業事務所の総合的な窓口として利用するメールアドレスは、安易にサービス利用時の登録用アドレスとして使わないほうが無難です

4.フォームからの迷惑メールにはreCAPTCHAを導入する

なお、ウェブサイトに配置したお問い合わせフォームから迷惑メールが自動的に送られてくるという場合は、Googleの提供するreCAPTCHAという仕組みを導入することで、迷惑メールの自動送信と思しきメールをフィルターにかけてカットしてくれるので、不要なメールのほとんどをシャットアウトできる可能性があります。

ここではreCAPTCHAの導入方法について詳しくは触れませんが、お問い合わせフォームからの迷惑メールに悩まれている士業さんは、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
士業事務所のウェブ集客・活用のコンサルティングと営業用ウェブサイトの制作に13年超携わっています。 クライアントは行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、日本全国、幅広く対応中。 Twitter : https://twitter.com/WAMOFLOW

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

現在、非常に多くのご依頼をいただいている状況から、申し訳ございませんが新規のご相談につきましては一時的に受付を停止させていただきます。ご迷惑をおかけいたします。

ページトップへ戻る