情報提供が訪問者を逆に惑わせる?士業の即決型ホームページを再検討

ここに決めた!

士業の営業用ウェブサイト(ホームページ)の中でも、訪問者が既に「依頼したい!」「早く業務に着手してもらいたい!」と考えてアクセスしてくる可能性が高いウェブサイトにおいては、親切な情報提供が、訪問者を逆に惑わせることもあります。

比較的単価の低い業務や、短い期間での解決が前提となる業務、多忙な客層の多い業務では、ウェブサイトも即決型に特化して作らなければ、ある程度の反応を常に逃す事態に陥るかもしれません。

必要最低限の情報を提示し、補足情報は後回し

誰が、どんな内容(料金)で、いつまでに、何をしてくれるから、どこに連絡したらよいのか。

この5つさえ短時間で把握できれば、業務依頼に至る可能性が高い業務なら、細かな情報やフォローは後回しにして、必要最低限の情報をわかりやすく、かつ一画面目で表示させてしまうほうが、訪問者の負担軽減になり反応率が上がります。

この場合、一般的なウェブサイトの作り方や構造では、無駄な要素や邪魔になる要素が多くなりがちです。そのため、各要素、逐一「ほんとにこれ、必要かな?」と再検討し、不要と判断すればごっそり削除してしまいましょう。

ヘッダーのナビメニューは必要か?

たとえば、ウェブサイト上部に表示されることの多いナビゲーションメニュー。これ、必要でしょうか?

ほかのページに移動させることが、訪問者の依頼可能性を曖昧なものにさせるのであれば、ナビゲーションメニューは取り払ってしまうほうが反応率向上に貢献することになります。

ナビゲーションメニューを無くしてしまった場合、「では最低限必要な事務所案内やお問い合わせフォームは、どうするの?」と思われるかもしれませんが、これらはトップページの下部に情報を載せてしまいます。もう少ししっかりとフォローしたいときは、ページ最下部からリンクを張ることで対応が可能です。

サイドメニューは必要か?

同様、サイドバーとして左か右に表示されている、各個別ページへのリンクメニューですが、これ、必要でしょうか?

ナビメニュー同様、ウェブサイト内を移動させることが訪問者の迷いを生じさせるくらいなら、取っ払ってしまってチラシのように一枚ものとして構成するほうが、内容をしっかり読んでもらえる可能性が上がるかもしれません。

サイドメニューが必要だとして、左側でいいのか?

「いや、それでも理由あってサイドメニューは配置しておきたい」という判断であれば、それ、左側の配置でいいのでしょうか?

繰り返しになりますが、即決型ウェブサイトはテンポよく「 誰が、どんな内容(料金)で、いつまでに、何をしてくれるから、どこに連絡したらよいのか」そして「他の人も利用している」こと、「あなたも利用したら便利であること」が表現できていれば、電話やメールでの問い合わせに至りやすいものです。

したがって、本文を読んでもらうことが主となることも多く、先に目がいく左側にサイドメニューを置くことは、本文への誘導の邪魔になる可能性もあります。

メニューを右に移動してみて、ヒートマップなどで変化をA/Bテストしてみるほうがよいでしょう。

ページ途中に問い合わせへの導線はあるか?

即決型ウェブサイトは、いわゆる「ランディングページ」(ここでは入口ページという意味ではなく、チラシのような(ほぼ)一枚もののウェブサイトのこと)の形態に近くなりますから、どうしても下に長くなりがちです。

したがって、要所要所で問い合わせへの導線、つまりお問い合わせバナー等を配置しておかなければ、電話番号すらわかりにくいものとなってしまいます。

あまり配置しすぎると営業色が強く敬遠される要因ともなりますが、適度な間隔をおいて、複数のお問い合わせへの導線は確保しておくほうがよいでしょう。

ページ最下部まで移動したときの情報は?

下へ長い形態になるということは、読み終わった訪問者は上へ戻りにくい状況に至っています。(スクロールバーやキーボードの上矢印で、画面をスクロールさせれば戻りますが、訪問者にとっては1クリック、1打鍵も面倒に感じるものです)

そこで、最下部に至ったときも、最上部と同様、必要情報がダイジェストにまとまっていて、かつ、お問い合わせへの導線(たとえば、お問い合わせフォーム自体)もある状態にしておくほうが、結果としての反応率は向上することが多いです。

必要情報がトップページに集約されているか

以上のように、士業の即決型ウェブサイトでは、それ以外の業務ウェブサイトとは異なり、コンテンツとしてページを多数追加してフォローするよりも、トップページのみに情報を集約してしまうほうが、依頼可能性を高めることもあります。

そして、この即決型ウェブサイトを採用するとき大事なのは、

  • 最初の画面内(ファーストビュー)だけで、主要な情報がすぐ確認できること
  • ナビメニューやサイドメニューは、本当に必要なのか再考すること
  • ページの途中、途中で、お問い合わせへの導線を用意すること
  • ページ途中で事務所や代表者なども簡単に紹介してしまうこと
  • ページ最下部に至ったときも、その画面内で主要な情報が確認できること
    (メールがゴールなら、お問い合わせフォーム自体も設置してしまうこと)

以上を検討し、即決依頼までのながれが最適化されていることです。

ウェブサイトへの訪問者はリスティング広告活用が前提となる

一点補足になりますが、このようにトップページのみのチラシ型で他に何のページも準備しないウェブサイトを活用するなら、検索結果(自然検索)からの訪問者は期待薄となりますので、リスティング広告に回す資金は確保しておかなければなりません。

「さすがにリスティング広告からのみはつらいな」という判断であれば、トップページのみ、前述のようにしっかりと要素の検討を行ったうえで、それ以外のページについては一般的なウェブサイト同様に制作するという折衷案的な方法もありますから、貴事務所や取扱業務の状況に応じて検討してみてください。

The following two tabs change content below.
営業用ウェブサイトの制作や集客・活用のコンサルティングに10年超携わっています。 クライアントさんは主に行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、士業サイトの制作実績は現在約500サイト。

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

士業事務所様のホームページ制作に関するご依頼やご相談は、以下のメールフォームにて承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

事務所名(必須) ※開業前の場合は「開業準備中」とご記入ください。

事務所のある(事務所を置く)都道府県

ご希望の相談場所(直接の相談をご希望の場合のみ)

お問い合わせの内容

ページトップへ戻る