上位表示で依頼は入るのか?広告で士業ホームページの数ヶ月先を覗く

キーワードOK

士業の業務特化型ウェブサイト(ホームページ)を公開した後、上位表示を狙っているそこそこの規模の検索語句(1単語とか、1単語+地域など)については、可能であれば早めにリスティング広告を活用して、その語句で上位表示された場合に反応率がどれくらいになるのか体感してみるのも一考です。

  1. 本当にその検索語句で検索されるのか
  2. ウェブサイトの作りは反応率の良いものになっているのか

主な理由は2つあって、1つは上位表示を意図する検索語句の組み合わせで様々なSEO対策を行って、数ヶ月後や1年後にようやく上位表示されたとしても、それで本当に検索されるかはわからないからです。

もう1つの理由は、制作したウェブサイトが本当に機能するものなのか(反応率がそこそこあるものなのか)、期間を置かずにある程度判定してしまえるからです。文字通り、お金で時間を買うということですね。

リスティング広告利用して上位表示時の反応率を垣間見る

リスティング広告は、検索結果の上や横に検索結果と類似した文字情報として表示される広告です。そのため、ウェブサイトを制作・公開した直後からこのリスティング広告を活用することで、その検索語句で上位表示された場合の反応を、(一定程度)先取りして垣間見ることができます。

本当にその検索語句で検索されるのか

前述の2つの理由のうち、もし前者が芳しくなかったら。より具体的には、依頼に繋がるだろうと予測していた検索語句の組み合わせでリスティング広告を展開してみたものの、ほとんどクリックする人(検索する人)がいなかったというときは、その意図する検索語句の設定自体が間違っていることになります。

そのようなときは、上位表示を意図する検索語句を再検討して、より反応のある検索語句を探るためにリスティング広告を展開・活用します。
※ある単語が1ヶ月にどのくらい検索されるのか、フォームに入力さえすれば予め数値として出してくれるツールなどもあります。が、数値が不正確なことも多く、ウェブサイト企画の際にあたりをつける程度では参考になりますが、本記事はそれを前提として、その後の段階におけるリスティング広告活用について触れています。

たとえばよくある例として、Aという業務を依頼する人がAという単語そのものを検索すると思っていたら、リスティング広告で反応を確認したところ、実はBという単語で検索することが多いことに気がつくというケースです。

他に、A+都道府県という組み合わせで検索されるのだろうと意図していたところ、実際にはA+市区町村という組み合わせのほうが検索されていた、という地域設定の誤りに気づくケースもあります。

ウェブサイトの作りは反応率の良いものになっているのか

2つの理由のうち、後者が芳しくなかったら。つまり、意図した検索語句で訪問者がコンスタントにウェブサイトへ訪れるものの、お問い合わせの電話やメールにはほとんど繋がらなかったというときは、ウェブサイトの作りが反応率のよくないものになっている可能性が高いため、見直しを図ることになります。

ウェブサイトの反応率は、一定以上の訪問者が発生し、アクセスデータが蓄積されなければ判断が難しいものです。そのため、自然検索で上位表示を待っているよりも、リスティング広告を展開して、先に反応率を探ってしまうほうが日数の無駄にならずに済むケースも多いでしょう。

リスティング広告を早期活用するメリットと注意点

以上のように、公開直後のあまり訪問者のいない期間、リスティング広告を活用することには、

  •  方向性の誤りに早期に気づくきっかけとなる
  • 公開直後から反応率を改善しながらウェブサイトの土台を固めることができる

というメリットがあります。もちろん単純に、自然検索で上位表示されるまでの期間、ウェブサイトを無駄に遊ばせておきたくないから活用するという場合も多いですね。

リスティング広告にも2ヶ月・6ヶ月・12ヶ月の法則

このリスティング広告を活用する際ですが、5,000円の無料キャンペーンクーポンがあるから、試しにその金額だけ出してみたというのでは、金額的(期間的)に全く足りない場合が多いです。あるいは、数日間表示させてみたものの、「よくわからないけど反応はなさそうだったから止めた」というケースも同様です。

というのも、リスティング広告自体、ある程度試行錯誤しながら育て、データの蓄積から様々な改善を要するツールです。従って、リスティング広告にも2ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の法則が当てはまってくるため、最低限2ヶ月は続けないと、何の参考にもならず終わってしまうことが多いのです。

月額どのくらいの予算を用意すればよいのかは、ウェブサイトで取り扱う士業さんの業務自体、あるいは設定するキーワードによって様々です。具体的な予算はリスティング広告を仮に組んでみなければわからないことも多いですが、ウェブサイト公開直後からリスティング広告も展開していくのなら、ウェブサイト自体にかかるコストの他、リスティング広告費用も数ヶ月分含めて計画を組んでおくことが求められます。

取り組むならしっかり予算を組んでから。取り組まないなら中途半端な金額だけ試さず手を出さない。どちらかに決めてしまいましょう。

The following two tabs change content below.
営業用ウェブサイトの制作や集客・活用のコンサルティングに10年超携わっています。 クライアントさんは主に行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、士業サイトの制作実績は現在約500サイト。

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

士業事務所様のホームページ制作に関するご依頼やご相談は、以下のメールフォームにて承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

事務所名(必須) ※開業前の場合は「開業準備中」とご記入ください。

事務所のある(事務所を置く)都道府県

ご希望の相談場所(直接の相談をご希望の場合のみ)

お問い合わせの内容

ページトップへ戻る