士業ホームページの改善は、アクセス数増加の前に反応率向上を図る

士業事務所のウェブサイト活用については、現在いくつかの事務所さんからご依頼を頂き、継続的に改善提案を行っています。

その中で、既に運用中のウェブサイトを活性化するという状況においていくつか気になったところがあるので、そのうちの1点、アクセス数についてあらためて触れておきたいと思います。

ウェブサイトから依頼を受けるのに、大事なのはアクセス数ではない

見出しに大事ではないと書いてしまいましたが、アクセス数も軽視してよいものではありません。実際、ある程度のコンテンツがウェブサイト内に用意されていないことには、最低限のアクセス数さえ実現できないわけですから。

しかし、だからといってウェブ営業に「アクセスが少ないから、ウェブからの依頼がない」=「アクセス数さえ増えれば、ウェブからの依頼がコンスタントに入る」という単純な式が成り立つわけでもありません。

特に十数ページから数十ページを既に用意して公開中のウェブサイトにおいて、改善案としてやみくもにアクセス数を増やすことは弊害が生じやすいため、アクセス数は二の次で考えたほうがいいです。(士業ホームページにおける訪問者増加と反応率と業務効率化の関係を参照)

少ないアクセス数でも反応を得られる構成の模索

これは既にいろんなところで何度も書いてきた内容ですが、受任数増加のために大事なのはアクセス数自体ではなく、アクセスしてくれた訪問者が電話やメールで問合せをしてくれる反応率(CVR)です。

士業さんのウェブサイトの最終目的は、アクセス数の増加ではなくご依頼を得ることです。ついその前提にアクセス数アップを置いて、そこばかりに目が行ってしまいがちですが、まずは本来の目的をしっかり見定める必要があります。

よく「1日何アクセスあれば、ウェブサイトからの集客が成り立つか」といった疑問を耳にしたりブログで目にしたりしますが、これについては残念ながら答えがありません。

なぜなら、反応率が仮に100%のウェブサイトなら1日1アクセスでも集客が成り立ってしまうため、アクセス数だけでは集客の指標とならないからです。
(この後、「では、士業のウェブサイトでは、訪問者と反応率はどのくらいが普通なのか?」という質問につながりやすいのですが、これも士業の資格や取扱業務、地域等によって異なるため基準はありません。下手に別の資格や他地域の基準を参考にすることは、ウェブサイトの可能性を狭めるデメリットとして機能しかねません。)

訪問者の層とコンテンツ内容・流れを改善する

依頼に繋がりやすい、反応率の高いウェブサイトを構築していくためには、まずは訪問してくれる層がウェブサイトに合っているのか確認すること、そして合致しているなら、反応率が向上するような流れと内容でコンテンツを構築(改善)すること、この2点に継続して取り組むようにします。前者はアクセス解析の検索キーワードなどから一定程度把握ができますね。

実はその結果として、それだけでも士業ウェブサイトならアクセス数が増えていくことがほとんどです。

以下は実際に内部構造やコンテンツの流れについて修正を継続中の士業ウェブサイトのアクセス推移です。ウェブサイトのページ数を1ページも増やしていないにも関わらず、数か月の間にアクセス数が倍近く増えていることが、確認いただけると思います。

反応率を上げる過程での副次的なアクセス数の上昇

繰り返しになりますが、まずはウェブサイトへ訪問する層を士業さんが希望する層とできるだけ合わせるように、ウェブサイト内のコンテンツ調整を行います。そして、次に各ページに公開されているコンテンツの流れを、スムーズかつ反応率が向上するように組み替えます。

これらの作業はトップページや各ページのコンテンツ修正を含みますから、結果としてコンテンツの拡充がなされ、通常はアクセス数アップにもつながっていくことになります。

士業事務所さんのウェブサイト(業務特化型ウェブサイト)であれば、そんな流れで改善に取り組むのがオススメです。

この流れをとる理由ですが、やみくもにアクセス数を増やすのではなく、反応率の向上に気を配って改善を継続する。だからこそ、この後にページ追加などコンテンツのさらなる拡充を行ってアクセス数がさらに増えたときでも、高い反応率を維持しつつウェブサイトを運用することができるから、というのが一つめ。

そして二つめは、アクセス数を増やすというのはやってみようとすると意外と大変ですし、また長期的な取り組みも求められるからです。それよりも、既に生じているアクセスに対する反応率を上げるほうが、何をすべきか判断しやすく、また短期に効果が得られる可能性が高いという理由からです。

The following two tabs change content below.
営業用ウェブサイトの制作や集客・活用のコンサルティングに10年超携わっています。 クライアントさんは主に行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、士業サイトの制作実績は現在約500サイト。

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

士業事務所様のホームページ制作に関するご依頼やご相談は、以下のメールフォームにて承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

事務所名(必須) ※開業前の場合は「開業準備中」とご記入ください。

ご希望の相談場所(直接の相談をご希望の場合のみ)

お問い合わせの内容

ページトップへ戻る