士業のホームページ上に、当たり前の内容をコピー化しておく意味

普通のところに頼みたい・・・

たとえば士業のウェブサイト(ホームページ)において、「迅速・丁寧に対応致します」など、当たり前のことをコピー化・文章化することに対しては、

  • 「そんなことは当たり前だ」
  • 「それくらいしかアピールするポイントがないのか」

などと、嘲りの対象となることがあります。

けれども、当たり前のことにあらためて気が付いて、それをわかりやすく表現できるかどうかというのは、やってみると意外と難しいことだったりします。そしてウェブ営業では、それが結構大事な要素になったりもします。

ウェブサイトに当たり前のことを表現する理由

その理由は、よく言われるように

「良い仕事をしていれば、黙っていても客は増えるという職人的な考えでは、広域的・網羅的に情報検索が可能な現在、顧客獲得が難しい。」

といったものもあるかとは思いますが、ここで触れたいのはそれではなくて、

「業界として当たり前と考えていること、その事務所として当たり前だと思っていることも、訪問者の側(というかそれはつまり、逆に表現するならサービス提供者の属する業界全体)では当たり前ではない状況も多々ある。」

という理由のほうです。

ウェブサイトの情報だけから判断する人へのフォロー

たとえばウェブで新たに士業を探す人は、まったくもって士業という職業とコンタクトを取ったことがない人も多いかもしれません。が、中にはいま既に付き合いのある士業に対して何らかの不満を持っている、という層も一定割合で含まれてきます。

そのような人(会社)にとっては、迅速に対応してくれる事務所であること、丁寧に対応してくれる士業であることなどが、当たり前ではない状況が現に生じているわけです。

当たり前を求めてネットを検索する人

このあたりは、しばらく事務所を運営していると直接的にしろ間接的にしろ、相談の際にそんな話が出ることが多くなります。肌で感じている士業さんも、少なくないのでは。

  • 「いま頼んでいるところが、仕事をお願いしてもなかなか進めてくれない」
  • 「留守電にメッセージを入れても、返事が返ってくるのが一週間後だった」
  • 「仕事を頼んだのに、完了したのかしてないのか連絡がないのでわからない」
  • 「依頼した業務は完了しているようだが、何をどうしたのか説明がない」
  • 「いつも頼んでいた事務所が、何の連絡もなく遠くへ移転していた」

上記のような不満を持って、士業事務所を変えたい、変えざるを得ない状況でウェブ上から新たな相談先を探す人は、当たり前のことを当たり前にやってもらえるということも、求めている要素の一つに入ってきます。

このような層に対しては、それを具体的に記載しているウェブサイトというだけで、選択肢に入る可能性が幾分かは高まります。

つまり、当たり前のことを書くだけでも、差別化が図れるということです。

実際、「こちらの事務所なら、迅速に対応していただけると思ったので」という理由で、ご依頼になるケースも稀ではありません。

スペースが許すなら「なぜ」「どのように」に触れておく

小さなスペースであれば、「迅速・丁寧に対応!」的な短いコピーで埋まってしまい、これだとあまりにも当たり前すぎて目につかないかもしれませんので、そのときは仕方ないです。

が、もう少しスペースを取れるようであれば、「なぜ」迅速に行えるのか、「どのように」迅速に行うのかなど、その理由や手段について、少しだけでも具体的に触れておくと、コピー・文章が貴事務所の差別化として機能しやすくなるかと思います。

無理やりの理由づけはバレるし、恰好悪い

もっとも、だからといって無理やり理由を作るのは、訪問者もその点を疑問に思ってしまうので逆効果です。

また価格面においては、単に価格競争に巻き込まれているだけにもかかわらず、「当事務所は、○○の理由でコスト削減が可能となりました」と苦し紛れに主張するのも、同業者から見たら内情が透けてしまいますし、なんとも恰好悪い印象ばかりが強まります。

当たり前のことを表現し、そこに理由を付記するにしても、経営理念や事業の努力によって、本当に実現しているもののみに限るべきでしょう。

小さなことの積み重ねが、大きな違いに

大幅な差別化を期待できる特徴や能力を持つなら別ですが、そうでないのなら、小さなことをコツコツと、チマチマと、積み重ねて総体で差別化を図るしかありません。

結局のところ、地道な1円貯金を延々と続けることができれば、長期的にはそれが大きな財産・アドバンテージとなって積みあがるのですから。

※この記事は、別のウェブサイトで公開した記事を転載・加筆しました。

The following two tabs change content below.
営業用ウェブサイトの制作や集客・活用のコンサルティングに10年超携わっています。 クライアントさんは主に行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、士業サイトの制作実績は現在約500サイト。

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

士業事務所様のホームページ制作に関するご依頼やご相談は、以下のメールフォームにて承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

事務所名(必須) ※開業前の場合は「開業準備中」とご記入ください。

事務所のある(事務所を置く)都道府県

ご希望の相談場所(直接の相談をご希望の場合のみ)

お問い合わせの内容

ページトップへ戻る