士業のホームページでは記事の文字数を何文字以上にするべきか

「記事を追加するとき、何文字以上という目安はありますか?」

士業さんがこれからウェブサイトをしっかり活用していこうとお考えになる際、頂戴する機会の多いご質問です。このご質問は、「何文字以上なら検索結果の上位表示要素として効果的なのか?」という意味が強いものですが、現状、回答としてはまず「800文字以上」とお答えしています。

とはいえ、これだとあたかも800文字以上書きさえすれば、それでウェブサイトの上位表示が可能になるともとられかねませんよね。

ということで、以下で補足します。

1記事あたりの文字数は何文字がいいのか?

Googleなどの検索エンジンは、「1記事あたり何文字以上書くのが理想」という基準は設けていません。そもそも、検索エンジンは「有益な情報」が多数公開されているウェブサイトを重視したいのであって、「長文の情報」が多数公開されているウェブサイトを重視したいわけではないからです。

しかし、例えば画像がメインとなるウェブサイトは別としても、あまりの短文では有益な情報の提供は難しいことが多いでしょう。

士業さんのウェブサイトではテキストがメイン、図表がサブという位置づけでの情報発信が大半を占めますから、有益な情報を公開する前提として、1記事あたり、ある程度の文字数は必要とされることになります。

有益な情報を提供できる文字数は何文字なのか

つまり、「何文字だから上位表示」という基準は存在しないのですが、文字数と検索順位との間には「何文字あれば有益な情報を提供しやすい」「有益な情報を提供した結果として、上位表示の可能性が上がる」という関連性は存在するということです。

その意味から1記事あたりの文字数を考えたとき、最低限としての目安になるのは、現状「800文字」以上、原稿用紙2枚を超える程度かなという感触を持っています。

有益かつ他で公開されていない情報

また、800文字というのは、その記事に独自性がある(逆にいえば、他で公開されている情報とほぼ同じではない)ためにも目安となることが多いです。

もちろん、士業さんの資格やウェブサイトで取り扱う業務内容によって左右されますが、少なくとも行政書士さん、司法書士さん、社労士さん、税理士さんにおいては、800文字より少ない記事ではオリジナリティに乏しく、法律や役所手引きとして既にウェブ上に公開されている情報のコピペレベルを超えることがまず困難です。

Google等の検索エンジンは、既にどこぞで公開されている情報の単なるコピーではないという、コンテンツのオリジナリティも重視しています(いるはずです、明らかなコピーコンテンツはペナルティを受けるため)。

上では分りやすいように800文字以上という目安を設定しましたが、要は貴事務所ならではの知識や経験、ノウハウなどを基本的な情報に加味しつつ、「他で公開されている情報とは(ちょっと)違った、有益な情報」であることを証明できるレベルに達する文字数が、何文字なのかという問題なのです。

慣れないうちは一応の目安を800文字以上として、それ以下では有益性や独自性に乏しいであろうと見做しつつ、記事を追加する際には貴事務所ならではの「有益かつ独自性のある記事」に仕上がる文字数の目安を模索してみてください。

文字数のカウント方法

「と、言われても。文字数って数えるの面倒だし、どうするのん?」と思われた士業さん、確かに。

もし貴事務所のウェブサイトにWordPressを導入済なら、更新画面の左下に「文字数」が表示されていますので、これを目安に記事を作成してみてください。(意外と気づいていない人が多いです)

WordPressを使っていない方は、「文字数 カウント」などで検索して、ウェブ上でコピペさえすれば文字数をカウントしてくれるサービスを活用すると、瞬時に文字数が把握できます。記事を書き終わったら、一度そのようなサービスで文字数を確認してみましょう。

※余談ですが、この記事の文字数は1,600文字超です。感覚として掴んでいただきやすいように、「これが800文字程度ですよ」と簡潔に800文字前後でまとめるつもりだったのですが……倍程度まで増えてしまいました。

The following two tabs change content below.
営業用ウェブサイトの制作や集客・活用のコンサルティングに10年超携わっています。 クライアントさんは主に行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、士業サイトの制作実績は現在約500サイト。

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

士業事務所様のホームページ制作に関するご依頼やご相談は、以下のメールフォームにて承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

事務所名(必須) ※開業前の場合は「開業準備中」とご記入ください。

事務所のある(事務所を置く)都道府県

ご希望の相談場所(直接の相談をご希望の場合のみ)

お問い合わせの内容

ページトップへ戻る