パソコンとスマートフォンの閲覧比率の確認方法

スマートフォンとパソコン

ちょうどこんな記事が公開されていたので、今日はGoogle Analyticsでパソコンとモバイル(スマートフォン)の閲覧比率を確認する方法について触れたいと思います。

Googleが検索アルゴリズムを変更、サイトのモバイル対応度をより重視

お気づきの士業さんも多いと思いますが、スマホから検索をすると、Googleの検索結果には既にしばらく前からスマホ対応サイトの表示がされるようになっています。

Google Analytics、入れてます?ウェブサイトを運用していく上では、客観的なデータの確認は欠かせません。繰り返しになりますが、ウェブサイトを作ったらアクセス解析を1個配置しておきましょう(その後しばらく放置で構わないので)。

パソコン閲覧者とモバイル閲覧者の比率

Google Analyticsは多機能で便利なのですが、多機能ゆえに見たいデータがどうしたら表示できるのか、すぐには分からないことも多いですよね。

以下で紹介するとりあえずパソコンとモバイルの比率を表示させる手順も、知ってみれば「それだけ?」という簡単さなのです。が、これが意外と分りにくい(気づきにくい)ですよね。

1.左側のメニューから「ユーザー」「モバイル」「サマリー」をクリック

Google Analtyticsのモバイルサマリー

本当に手順はこれだけなのですが、表示がわかりにくいので円グラフに変えます。

2.円グラフへの変更

右側に並ぶボタンの中から、円グラフのアイコンボタンをクリックします。これでひと目でわかりやすい円グラフに変更されました。

モバイルとPCの比率

士業事務所のウェブサイトのうち、取扱業務が対企業となりやすい業務(BtoB的な業務)は上記画像のように、あるいは上記画像以上に、デスクトップ(青色の部分)が多数を占めているのではないかと思います。

上のようにパソコン比率が高い場合でも、約3割の人はモバイル(スマホ)で閲覧していますから、スマホ対策を行うのも反応率(CVR)改善の施策としては取り入れたいところです。

対個人向け業務のモバイル比率

一方、業務内容が対個人向けのもの(BtoC的な業務)は、スマホ比率が50%を超えてくることも多く、場合によっては7割以上がスマホということもあります。

モバイルの比率が高い場合

上のように、モバイル(スマホ)が半数を超えているウェブサイトでは、早急にスマホ対策を行うべきです。もし現状、パソコンからの閲覧にしか対応していないとしたら、電話相談以前の段階で、スマホ対策を行っている競合事務所に競り負けている可能性が十分考えられます。

スマホ用の電話ボタン、表示されてますか?

「うちの事務所のウェブサイトは、スマホ対策済だから大丈夫。」そう仰る士業さんのウェブサイトでも、実はスマホからの閲覧には対応していても、スマホ閲覧者への電話ボタン表示まではできていないことが大半です。

せっかくボタンをタップするだけで電話がかけられるスマートフォンなのですから、反応率向上の対策として、電話番号ボタンの自動表示はさせておきましょう。

どのウェブサイトからスマホ対応させるべき?

以上がパソコンとモバイルの閲覧比率確認の簡単な手順でした。この比率は、たとえば複数ウェブサイトを展開している士業事務所さんが「どのウェブサイトからスマホ対応させたらいいかな?」と検討する際にも、参考になります。

スマホ非対応のウェブサイトは、今後訪問者の反応率だけでなく、Googleの検索結果でもマイナス要素となりかねません。訪問者がそこそこ多いウェブサイトで、かつ、スマホからの閲覧比率が高いウェブサイトは、早めに対策を練っておくほうがよさそうです。

The following two tabs change content below.
営業用ウェブサイトの制作や集客・活用のコンサルティングに10年超携わっています。 クライアントさんは主に行政書士、社労士、司法書士、税理士、弁護士等の士業事務所さんで、士業サイトの制作実績は現在約500サイト。

士業ホームページ制作に関するご依頼・ご相談

士業事務所様のホームページ制作に関するご依頼やご相談は、以下のメールフォームにて承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

事務所名(必須) ※開業前の場合は「開業準備中」とご記入ください。

事務所のある(事務所を置く)都道府県

ご希望の相談場所(直接の相談をご希望の場合のみ)

お問い合わせの内容

ページトップへ戻る